(C)2005 T-Kanatsu all rights reserved.
kanatsu293.exblog.jp

日記風に書いてますが、まあ、99%がフィクションですから。
最新の記事
人生で初めて、サプライズで泣..
at 2013-09-18 20:00
オススメの温泉スパ施設ってある?
at 2013-09-11 20:00
「ツボ」を押されたっ!
at 2013-08-28 20:00
思い出せない幼少期
at 2013-08-15 10:46
春風亭ぴっかり☆さんが魅せて..
at 2013-08-07 20:00
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
Wii Fit Plus でバランス感覚を養う。
Wii Fit Plusというものをやりはじめた。

人によっては「何を今さら」なものなのだろうが、僕がこの存在を知ったのはつい最近のこと。
奥さんのご実家に泊まりにいった際、朝起きてくると、ご両親と彼女が揃って、テレビの前に集まり、画面の中の自身そっくりのキャラクター(Miiと言うらしい)を使ってエクササイズしてる光景に出くわしたのが最初だ。

淹れたてコーヒーの香りに包まれながらのその一幕は、まるで古き良きアメリカン・ファミリーを見ているかのよう。
家族の仲睦まじい姿に加え、その習慣を毎朝欠かさず4年間も続けているという事実を聞いてびっくりした。なんて健康的なのでしょう。

「結婚生活に、Wii Fit Plusは不可欠だと思うの」

奥さんの提案に、我らが新生活でも導入することと相成った。

毎朝、バランスボードの上に乗って体重を測定し、指示に従ってちょっとしたトレーニングを受ける。所要時間は5分もかからないくらい。
自分のBMI(肥満指数)を常に意識して生活する、その短い時間の積み重ねが、理想の体重に近づく最も最短の方法というわけだ。

僕のBMIはだいたい24くらい。(身長 179cm、体重 77.0kg)
これでも1年前に比べたら相当スリムになったため、ベスト体重なはずと自負していたが、この機械によると、「理想のBMIは22なので70kgまで落とさないとダメ」 なんだそうだ。

なかなかの試練。
でも、これまで続けている奥さんとご両親は、ここ数年、みな揃ってこの理想BMIを下回る数値で推移してるという。ならば自分もぜひ、その仲間に加わりたい!


長く続けていくポイントととして先ず大事なのは、画面に登場する自分の分身のキャラクター(Mii)を愛せるかどうか。
最初のMii作りが成否を分けると言っても過言ではない。

せっかくなので、仲良く、夫婦でお互いの顔を作成しあう。
しかし、操作に慣れている奥さんが僕のことをとっても愛らしく作ってくれたのに対し、初体験の僕は要領が悪く、また変にリアル志向で望んだため、ドツボにはまってしまった。

「私、可愛くないね……知ってたけど」

いじればいじるほど、奥さんの機嫌が悪くなる。
かと言って、適当にごまかして、パチパチお目目の可愛い子ちゃんを作るのは、僕のクリエイター魂が許さない。

「女心」と「当人らしいキャラ」のバランスを見極めることが大事。
しかしそれが分かった所で、表現する技術が僕にあるのか?
まさか、結婚生活の「け」の字も始まってない、こんなところでつまづくとは……。

かすかに記憶にあった「ご実家バージョンの彼女」を必死に思い出しながら、試行錯誤を重ねる。

「私の目、小さくない? ……知ってたけど」

ダメ出しをされるたび、

「僕は、こういう小さい瞳の子が大好きなんだ。小さくなくちゃ駄目なんだっ」

と力説してご機嫌を伺いながら、3時間かかってどうにかこうにか、彼女も納得するMiiを作り上げた。


次の日、僕の体重は、2㌔減少していた。


d0008201_22381776.jpg

[PR]
by t-kanatsu | 2013-07-02 20:00 | 金津ならどうする★コラム
<< 結婚式 劇団すごろく座長、緒方賢一。 >>


by かなつん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
金津泰輔
 早稲田大学在学中より、劇団てあとろ50にて脚本・演出を担当。卒業と同時に自らが主宰する劇団つ組を立ち上げ、小劇場にて活動。また劇作家として別に、ひらり空中分解。や劇団湘南アクターズ、劇団すごろく等、外部にも新作台本を書き下ろしている。最近は、柳家さん生師匠をはじめとした創作落語の執筆に携わっている。

【主な舞台作品】
『接待ベースボール』
『本日休廷』
『コックは踊る!』
『ブログ~僕はマンションの管理人です。』
『幸せのアルデンテ』
『は・ち・み・つ』
『シバラク!』
『愛しゃれ指南!!!』

【さらに詳しく20の質問 (2013年4月版)】
1「初めて脚本を書いたのは?」
―小学4年生のお楽しみ会。
2「その時のタイトル」
―コント『トマトケチャップ殺人事件』。
3「どうして劇作家の道を選んだのか」
―自分は役者に挫折したけど、役者を志す人達と一緒にいたかったから。
4「尊敬する劇作家は?」
―椿一さん(「笑の大学」に出てくる)
5「今までのベスト作品」
―まだない。
6「子供の頃になりたかった職業」
―建築家、将棋棋士。
7「兄弟はいますか?」
―妹が一人。
8「面白かったアルバイト」
―サーカスの裏方。
9「大好きな映画3つ」
―『トイ・ストーリー』 『ガタカ』 『月に囚われた男』
10「好きな女性のタイプ」
―励まし上手。
11「好きなせリフ」
―「お前は最高だよッ」
12「気分転換の方法を教えてください」
―般若心経のリズムが好きでよく暗唱してます。変かな?
13「最後の晩餐、食べたい食べ物」
―炊きたてご飯を稚加榮(ちかえ)の明太子で。
14「地球滅亡、最後の日。何して過ごす?」
―出来れば大切な人と笑いながら。
15「今まで大変だった舞台」
―初日に台本をあげた舞台。
16「最近ハマってること」
―クロワッサン食べ比べ、羽生三冠棋譜鑑賞、グーグルマップ一人旅
17「カラオケ18番は?」
―♪オーマイリルガール~
18「ディズニーシーでのおすすめスポットは?」
―ニューヨーク・デリでルーベン・ホットサンドを食べる。
19「あなたのモバイル環境は?」
―バイオノートとNexus7。
20「今年の抱負を聞かせてください?」
―ジャンルに拘らずに仕事する。