(C)2005 T-Kanatsu all rights reserved.
kanatsu293.exblog.jp

日記風に書いてますが、まあ、99%がフィクションですから。
最新の記事
人生で初めて、サプライズで泣..
at 2013-09-18 20:00
オススメの温泉スパ施設ってある?
at 2013-09-11 20:00
「ツボ」を押されたっ!
at 2013-08-28 20:00
思い出せない幼少期
at 2013-08-15 10:46
春風亭ぴっかり☆さんが魅せて..
at 2013-08-07 20:00
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
春風亭ぴっかり☆さんが魅せてくれる二つの顔。
 間近に迫った『ぴっかり☆十番勝負!』の稽古に立ち会った。
 
 自分が紙の上に書いた台詞が、春風亭ぴっかり☆さんの手によって、果たしてどんな風になっているのか。

 特に今、ぴっかり☆さんは、師匠のお供や日々の落語会・寄席にと、非常に多忙な様子で、台本を渡して直し作業をやって以来、久しぶりの再会。その間、隙間時間に一人稽古したり、常連さんのいる落語会で試演したりして創りあげたという。

 見るからに目が真っ赤だし、歩いててもフラフラで、引いてる大きなガラガラに小さな体が持ってかれそうになるほど、憔悴しきっていた。

 あんまり期待しないほうがいいかも……?
 
 一抹の不安がよぎったが、その心配は杞憂に。
 長椅子を並べただけの高座ではあったが、その座布団の上に座るやいなや、ガラリと目の色が変わるじゃありませんか。

d0008201_17171424.png


 新作一つ目は、とある女優さんの一生をベースにした地語り噺。
 途中、ぴっかり☆さん自身のエピソードを交えて語るのだが、より具体的に付け足されたりしてて、さらに面白くなってて嬉しかった。

 圧巻なのはラスト。
 取り憑いた表情のようになって、「語る」というよりもはや「演じる」いやその人物に「なりきってる」瞬間が垣間見えて、度肝抜かれた。

 その役だけを演じてるなら分かるんだけど、ト書きの部分も喋って、相手役も演じて、その上で、一瞬にして、一つの人物にグワッと入り込むってあなたっ!

「自分でも、このラストは、コントロールが効かなくなる時があって、やってても怖いんですよね」

 将来、女優さんの仕事もされるかもしれない……。そう思った。


 もう一つは、往年のアイドルのとある事件? にまつわるバラエティ色豊かな噺。
 歌ありモノマネありの、落語の範疇を超えたものを目指していたのだけれど、師匠である春風亭小朝師のアドバイスを受けて、さらに型破りなものに仕上がっていた。

 それは、一種、R1などの一人コントで見られる趣向。(詳しくは観てのお楽しみっ)

 師匠のそのやわらかな発想にも驚いたけど、稽古を拝見して、これが思わぬ効果があると知って感嘆した。

 それは、リアクション。
 一人で全役をやる落語ではなかなか見れない、一方が語ってる間の、それを聞いてる表情や仕草を堪能できるんです。
 そして、サービス精神旺盛なぴっかり☆さんが、これまた面白おかしい「受け」の表情を連発するんだ。

 将来、バラエティの仕事もされるかもしれない……。そう思った。


 稽古後のぴっかり☆さんは、不思議にも、稽古前よりも元気になっていた。プロデューサーさんが用意したおやつ? の餃子を二人前ぺろりと平らげ、次の現場にまたガラガラを引いて颯爽と去っていった。

 「女優」ぴっかり☆さんと、「タレント」ぴっかり☆さん。
 この二つの魅力を、新作落語パートで引き出せたら、作家としてもこれ幸い。
 もちろん、本業「落語家」の部分は、古典パートでしっかり魅せてくれるはず。

 落語ファンに限らず、多くの人に知ってもらいたい若手女流噺家さん。
今、一番応援したい人です。
[PR]
# by t-kanatsu | 2013-08-07 20:00 | 金津ならどうする★コラム
奥さんを喜ばす簡単おかずレシピ
時間がある時は、晩御飯は夫婦二人で作って食べるようにしている。
メインの一品を奥さん。サブの小鉢一品を僕が担当するのだ。

料理なんてほとんど出来ないけれど、やっぱりそこはクリエイターの端くれ。作るからには、奥さんをあっと驚かせるような、それでいて美味しいものを提供したい。

一回目から、絶対エースをぶつけた。
金津家直伝、大好物の一品。出来合いのもので済ましていた一人暮らしの時も、これだけは自作していた「にんじんの明太子和え」。

にんじんを千切りにして、しんなりするまで炒める。
明太子は、袋? をとって、お酒と混ぜてペースト状に。
頃合いを見て、にんじんと明太子をフライパン上で和える。以上。

d0008201_14372581.jpg


簡単おつまみレシピだが、これが白めしに最高なんだ。

「え~知らなかった。美味しいね」

奥さんの一言が、僕の料理魂に火を付けた。
次の機会には、「糸こんにゃくの明太子和え」を披露。
作り方はほとんど一緒。にんじんを糸こんにゃくに変えるだけ。
でも、食感が変わると、これまた別の美味しさになる。

「美味しい、美味しい。すごいね」

気を良くした自分は、次の機会に「もやしの明太子和え」。
さらに次の時は、「切り干し大根の明太子和え」にチャレンジした。

「えのきの明太子和え」を作ろうとした時、奥さんから声がかかった。
「ねえ、たまには明太子から離れてみたらどうかしら?」

「え?」
「最近、明太子ばっかり食べてるから、塩分が気になるでしょ? どっちかというと、私はたらこの方が好きだし……」

たらこの味気ないしょっぱさじゃ、おかずにならないんだけどなっ。
思わず口に出しそうになった言葉をぐっと飲み込む。
自分にとって明太子は、最後の晩餐で出して貰いたいほどの好物。稚加榮の明太子は「神」だと思ってる。

でも確かに、一つのものにこだわると、なかなか他に目を向けられないのが自分の悪い癖。
これから長く続いてく夫婦生活。もっと器を大きく、相手の意見を聞く余裕をもってないと。

「OK。OK。明太子は当分、おあずけだ」

強がってみたものの、かわりとなるレパートリーがとっさには出てこない。

「じゃあ……今日はシンプルに冷奴にしよっか?」

動揺を悟られないように、妥協案を提示する。

「でも、ただの冷奴じゃないぞ。金津流はね、めんつゆをかけて食べるんだ」

そう。
「にんじんの明太子和え」が絶対エースなら、こちらは抑えの切り札。
夏場、食欲が無い時、どれほどこの「めんつゆ de 冷奴」に助けられてきたか。
なにも思い浮かばない時も、これさえあれば間違いない一品なので、皆さんもどうぞお試しあれ。

「え~知らなかった。すごい美味しい。この冷奴なら、毎日食べたいかも」

なんと、奥さんの評価も最高級。
ほとんど調理してないけど、小鉢としてはこれでじゅうぶんでしょ?

以来ずっとこの「めんつゆ de 冷奴」が続いている。
ただ、あまりにも同じなので、次作る時はせめて、豆腐の上にのせるものを生姜&ねぎから、明太子に変えてみようかなと思う今日このごろです。
[PR]
# by t-kanatsu | 2013-07-31 20:00 | 金津ならどうする★コラム


by かなつん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
金津泰輔
 早稲田大学在学中より、劇団てあとろ50にて脚本・演出を担当。卒業と同時に自らが主宰する劇団つ組を立ち上げ、小劇場にて活動。また劇作家として別に、ひらり空中分解。や劇団湘南アクターズ、劇団すごろく等、外部にも新作台本を書き下ろしている。最近は、柳家さん生師匠をはじめとした創作落語の執筆に携わっている。

【主な舞台作品】
『接待ベースボール』
『本日休廷』
『コックは踊る!』
『ブログ~僕はマンションの管理人です。』
『幸せのアルデンテ』
『は・ち・み・つ』
『シバラク!』
『愛しゃれ指南!!!』

【さらに詳しく20の質問 (2013年4月版)】
1「初めて脚本を書いたのは?」
―小学4年生のお楽しみ会。
2「その時のタイトル」
―コント『トマトケチャップ殺人事件』。
3「どうして劇作家の道を選んだのか」
―自分は役者に挫折したけど、役者を志す人達と一緒にいたかったから。
4「尊敬する劇作家は?」
―椿一さん(「笑の大学」に出てくる)
5「今までのベスト作品」
―まだない。
6「子供の頃になりたかった職業」
―建築家、将棋棋士。
7「兄弟はいますか?」
―妹が一人。
8「面白かったアルバイト」
―サーカスの裏方。
9「大好きな映画3つ」
―『トイ・ストーリー』 『ガタカ』 『月に囚われた男』
10「好きな女性のタイプ」
―励まし上手。
11「好きなせリフ」
―「お前は最高だよッ」
12「気分転換の方法を教えてください」
―般若心経のリズムが好きでよく暗唱してます。変かな?
13「最後の晩餐、食べたい食べ物」
―炊きたてご飯を稚加榮(ちかえ)の明太子で。
14「地球滅亡、最後の日。何して過ごす?」
―出来れば大切な人と笑いながら。
15「今まで大変だった舞台」
―初日に台本をあげた舞台。
16「最近ハマってること」
―クロワッサン食べ比べ、羽生三冠棋譜鑑賞、グーグルマップ一人旅
17「カラオケ18番は?」
―♪オーマイリルガール~
18「ディズニーシーでのおすすめスポットは?」
―ニューヨーク・デリでルーベン・ホットサンドを食べる。
19「あなたのモバイル環境は?」
―バイオノートとNexus7。
20「今年の抱負を聞かせてください?」
―ジャンルに拘らずに仕事する。